ゼッチZEHネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。 ZEHゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

政府目標 住宅については2020年までに、ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を 標準的な新築住宅とすることを目指す。 2030年までに新築住宅の平均で ZEHゼッチの実現を目指す。 ※エネルギー基本計画

創る電力≧使う電力

ZEHの家を建てるには?

ZEHの家を建てるためには、断熱・省エネ・創エネの3つのポイントが大切です。

ZEHの家を建てるには

匠建コーポレーションは、2020年までに 新築住宅をZEH(ゼッチ)で建築することを 目標としています。