STAFF BLOG

匠の知得

税金

不動産取得税の減税延長

今日は「不動産取得税」の話
不動産(土地・建物)を取得した後、しばらく経ってから課税される税金が「不動産取得税」 (都道府県税)です。
ただ住宅の場合には、土地・家屋ともに軽減措置がありますこの減税措置は平成26年3月31まで延長されたのでこれから新築をご計画中の方はご安心くださいね
新築住宅の場合、床面積が50㎡以上240㎡以下、課税標準額(床面積×60,000~65,000円を目安にしてください)から1200万円が控除されます。
   家屋の不動産取得税額=(課税標準額-1200万円)×3%
住宅用土地を取得した場合、税額から一定額が軽減されます。
   土地の不動産取得税額=課税標準額(売買価格の70%を目安にしてください)×3%-軽減額
【軽減額】次のうちいずれか“多いほうの金額”が軽減されます。
(1)  45000円(税額が45000円未満の場合にはその金額)
(2)  a×b×3%
a=〔土地の1㎡あたりの価格×1/2〕
b=〔住宅の床面積×2〕
※aは平成27年3月31日までの取得に限る
※bは1戸あたり200㎡が限度となります。
住宅を取得後、2~3ヶ月後に道庁から納税通知書が送られてきます。減税を受ける方は通知書に記載されている必要書類を持って手続きに行くことになります。すでに満額納めてしまった方も、還付手続きができますが、還付金が戻ってくるまで多少時間がかかりますので、できるだけ期日までに減税の手続きをしましょう。
軽減措置の適用があればゼロ~数万円程度で済む不動産取得税も、軽減措置の適用がなければ数十万円になることもあります。購入する住宅を選ぶ前に軽減措置の内容をしっかりと把握しておきましょうね
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ