STAFF BLOG

匠の知得

税金

平成24年の贈与について

今日から何回か今年住宅を建てようと考えている人に役立つ「税金」の話をしますね
まずは「贈与税」の話。
直系尊属(実の父母や祖父母)から住宅取得資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度については適用対象住宅の床面積を240㎡以下として、平成26年12月31日まで3年間延長されました。
また、省エネルギー性(等級4)又は耐震性(等級2以上)を備えた良質な住宅用家屋の場合、一般の住宅用家屋の場合と異なる非課税限度額が設けられました。
それぞれの限度額は以下の通りです。
平成24年中の贈与 ⇒ 良質な住宅1500万円 一般住宅1000万円
平成25年中の贈与 ⇒ 良質な住宅1200万円 一般住宅 700万円
平成26年中の贈与 ⇒ 良質な住宅1000万円 一般住宅 500万円

※この改正は平成24年1月1日以後に贈与により取得する住宅取得資金に係る贈与税について適用されます。
贈与者の年齢制限はなく、基礎控除110万円も併せて受けれます。今年であれば親から資金援助を受けても最大1610万円までは贈与税がかかりません。是非活用してくださいね
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ