STAFF BLOG

匠の知得

インテリア

照明の種類

今日は「照明」について
一般の住宅で使われている主な照明器具をご紹介します。ぞれぞれの特徴を知っておけば、自分にぴったりな照明器具を選ぶ事ができますよ!
照明の種類
1.シーリングライト
天井に直に取り付ける主照明。部屋全体を明るく照らすのが目的。最も一般的な照明。
2.シャンデリア
装飾的な多灯照明。リビングなどの主照明や吹き抜けなどに使われる。天井直付け型・吊り下げ型の2タイプがある。
3.ペンダントライト
チェーンやコードで吊り下げる照明。小さいものはダイニングに取り付けて食卓を演出する局部照明として、大きい物は和室等の主照明として使われる。
4.フロアスタンド
床置きタイプの照明。インテリア性が高く、間接照明として活用。向きによっては部分照明ともなる。
5.テーブルスタンド
テーブルなどに置く照明。作業する際など、手元灯として利用する。
6.ダウンライト
天井埋込型の照明。主照明としても補助照明としても活用できる。光の角度を調節できるものもある。器具が飛び出さない為すっきりするが、配線工事等が必要となってくる。
7.スポットライト
集光性があり、部屋の一部や装飾品などを局所的に照らす照明。光が強い為、光源が直接目に入らない様取付位置に注意が必要。
8.吹き抜け灯
広い吹き抜けを華やかに演出するための照明。電動昇降タイプはメンテナンスの際に便利。
9.ブラケット
壁や柱に取り付ける間接照明。廊下や階段の全般照明としても使われる。空間のアクセントとしても。
10.フットライト
床近くの壁に取り付ける足元灯。廊下や階段、寝室の常夜灯としても使用される。
最近では天井面がすっきりとするダウンライトを多用するお客様も増えました。ただ、ダウンライトの場合はシーリングライト1個で済むところが、ダウンライトでは4個~6個必要だったりと数が増えるので予算オーバーしてしまうこともありますので注意してくださいね!
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ