STAFF BLOG

匠の知得

住宅ローン

住宅ローン、審査で重要視する項目は?

今日は「住宅ローン」の話
住宅ローンを組む時に貸し出す側(銀行などの金融機関)は、審査の際住宅ローン利用者の何を重要視しているのでしょうか?
国土交通省住宅局が銀行や信用金庫、保険会社などに調査を行いまとめた「平成23年度民間住宅ローンの実態に関する調査」によると、【完済時年齢】が99.3%でもっとも高かった。また、【借入時年齢】も97.5%と高く、住宅ローンを組む“適齢期”がまずは最初の条件といったところ。
「融資を行う際に考慮する項目」で90%を超えたのは上記ほかに【返済負担率】(97.3%)、【勤続年数】(96.0%)、【年収】(95.8%)、【担保評価】(95.0%)、【カードローン等の他の債務の状況や返済履歴】(91.6%)、【健康状態】(90.5%)。また、【融資可能額(融資率)】は購入の場合は92.4%、借り換えの場合は92.0%。
逆に、上記質問で30%を下回ったのは【性別】(20.9%)、【所有資産】(26.1%)、【家族構成】(27.3%)、【雇用先の規模】(29.7%)。
同調査は2011年10~12月、住宅ローンを供給している民間の金融機関1336を対象に、調査票を郵送し実施しているものです。
住宅ローンの借入金額は、「借入可能額」ではなく、「返済が可能な額」です。収入にあった予算を組みましょう
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ