STAFF BLOG

匠の知得

住宅ローン

返済比率

今日は住宅ローンの話
金融機関、保証会社等は、住宅ローンの返済力を判断するため「返済比率」という基準があり参考としています。
返済比率とは年間所得に対する年間返済額の割合であり算式にすると、
 返済比率=住宅ローン年間返済額+その他各種ローン年間返済額/年間所得
住宅ローン年間返済額については、都市銀行等今後の金利上昇を想定し4%で借りたら年間返済額はいくらになるか計算するところもあれば、実行金利で計算する信用金庫まで様々。
年間所得については、サラリーマンについては、源泉徴収票の一番大きな金額(手取り収入ではありません)。自営業者の方は、基本的には、確定申告書の所得金額であり、年度によりばらつきがある場合、平均をとったり、修正をしたりしています。金融機関によっては、減価償却、専従者給与を所得に加算してみてくれるところもあるようですので取引銀行、不動産業者に相談されてみてはどうでしょう。
返済比率の基準も金融機関により様々ですが、一般的には年収に応じて、

  年収400万円以上・・・・・・・・・35%以下
  年収300万円以上400万円未満・・30%以下
  年収200万円以上300万円未満・・25%以下
  年収200万円未満・・・・・・・・・20%以下

土地のみの資金、担保評価等条件によっては、厳しく審査されることもあります。
上記はあくまで金融機関の審査基準です。大切なのは『いくら借入できるかでなく、いくらなら無理なく返済できるか』です。将来のライフプラン等を考えて、自分の生活に無理のないよう資金計画を検討してくださいね
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ