STAFF BLOG

匠の知得

住宅関連ニュース

消費税増税・工事請負契約上の注意点

今日は住宅関連ニュース。
気になる「消費税」について。昨年8月22日に公布された社会保障と税の一体改革関連法に基づいて消費税率は、2014年(平成26年)4月1日から8%(消費税6.3%+地方消費税1.7%)に、2015年(平成27年)10月1日から10%(消費税7.8%+地方消費税2.2%)に、それぞれ引き上げられます。
契約日が施行日前であっても、建物の消費税は他の課税資産と同様に、完成引き渡し時点での税率適用が原則ですが、請負工事については、8%引き上げ施行日(来年4月1日)の半年前の今年9月30日までに請負契約を締結した場合には、完成引き渡しが来年4月以降であっても旧税率(5%)が適用されるなど経過措置があります。
簡単に表にしてみました
<消費税の経過措置
今年10月1日以降に契約した場合でも来年3月までに完成引き渡しを受ければ、旧税率が適用されます。しかし、工期がずれて完成引き渡しが来年4月1日以降になると、適用税率は8%に。
追加工事で契約金額を増額した場合には、増額された部分についてのみ増額時点での税率が適用され、最初の契約部分は旧税率のままとなります。
金額が大きな買い物だけに、増税の負担は大きいですね
契約時期、引き渡し時期も注意しましょう!
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ