STAFF BLOG

匠の知得

建築

床暖房の暖かさ

今日は当社の標準設備「床暖房」についてです
札幌でも今では床暖房を主体とする住宅会社が増えてきましたが、当社で1階・2階全室床暖房を標準として南あいの里にモデルハウスを建築した頃は、よく床暖房だけで家が暖かくなるか心配という懐疑的な見方をお客様もそうですが、同業者にもよくされてきました。また、メンテナンスに関しても床をはがしたりなど通常の暖房システムより多分な費用がかかるという話しをお客様にしている住宅会社の営業マンもいました。
冬場の暖かさについてですが(メンテナンスについては次回お話します)、実際モデルハウスをご案内したお客様の感想は他で何軒か見たモデルハウスより格段に暖かいというのが多いです。それはモデルハウスに待機する営業マンもしかりです(他の会社に営業として勤めていた時との比較)。実際私も4年前に自社で家を建て、全室床暖房を体験しておりますが、家に遊びに来るママ友の話ではやはり一番暖かい家だそうです。
床暖房の暖かさの秘密。
それは足元から体を暖めることで、血液の循環が良くなり、体が温まりやすく体感温度が実際の室温より高く感じられるからです。
壁付けの空気を暖める輻射式の暖房機では暖かい空気は上部に流れやすく、足元が思ったより温まりません。また、私も生活していて感じることですが、床暖房の熱が木材を通じて床から壁、壁から天井へと熱が移動して空間を全体的な暖かさで包み込む感じがあります。床温度はせいぜい26度前後で、昔のように低温やけどするわけでもなく、じんわり建物を暖めます。もちろん一度寒くなると暖まるまで時間はかかりますが、もともと切ったりつけたりの暖房機ではありませんので極端に室温を下げなければそこまで時間はかかりません。地域的には札幌近郊や苫小牧や旭川、倶知安と施工実績があり、床暖房だけで十分暖まっています。
床暖房ではない他の暖房機でこの感覚を求めるのであれば、やはり断熱材を厚くして床、壁や天井がムラなく冷えないように工事するしかないかと思います(もちろん費用は大幅にUPします)。
また夜暑くて寝れないのではという質問もよくありますが、心配いりません。夏と同じ感覚で薄い布団で寝れます子供(現在4歳)はかなり寝相が悪いですが、ここ冬場に風邪を引いたことはありません。
さて、床暖房の暖かについて今回はお話ししましたが、当社のモデルハウスでは、10月8日(土)からの来年春頃の肌寒い時期まで床暖房体験会を開催していますので、是非床暖房の暖かを体感していらしてくださいね
↓体感できる各モデルハウスの詳細についてはこちら
「オープンハウス」
↓ご質問などございましたらメールでお気軽にお問い合わせください
takken@ec4.technowave.ne.jp

記事一覧へ