STAFF BLOG

匠の知得

建築

基礎工事

当社の現場リポートでもよく出てくる基礎工事。 基礎とは建物を支持し安定させるための土台となる部分のこと です。建物には地盤とこの土台づくりが重要となります。

 

基礎工事

 

基礎は鉄筋とコンクリートで造られます。圧縮に弱く引っ張りに強い鉄筋と引っ張りに弱く圧縮に強いコンクリートは、お互いの弱点を補い高い強度を持っています。この鉄筋コンクリートは、鉄筋を組んで型枠の中に設置し、さらにその型枠内にコンクリートを打ち込んで造られます。

 

住宅の基礎の施工は、大きくに2回分けて施工します。 1回目は基礎ベース部分、2 回目は布基礎(立ち上がり部分)です。

 

大まかな流れは、根堀(土を掘る)→ 基礎ベース(建物の重さを直接地面へ伝える)型枠組→コンクリート打設→養生(コンクリートが固化する期間)→布基礎(立ち上がり部分)型枠組、配管スリーブ→コンクリート打設→ 養生→型枠解体→埋戻し→基礎の完成

 

コンクリート打設中は余分な空気が入らないように振動を与えながら流し込みます。布基礎時に基礎と土台をつなぐ金物=アンカーボルトを設置し、さらにコンクリートを流し込みます。 十分な養生期間のあと、型枠をはずしていきます。

記事一覧へ