STAFF BLOG

匠の知得

建築

地盤補強工事

札幌市内に限らず地盤の弱いところが多いのが現状です。そのため土地を購入する際にはあらかじめ建築会社を通じて地盤が良いか悪いか、悪い場合は地盤補強工事がいくら位かかるかは聞いておいた方が良いでしょう。

 

地盤補強工事

 

建物は、基礎や土台、柱、梁などの主要な構造部分が大切ですが、建物を支えている地盤も大切です。軟弱な地盤の上にそのまま家を建てた場合、地盤沈下が起こり、建物が傾いたり、基礎や壁にひび割れが生じたりします。

 

河川の近くの土地、以前に田んぼだった土地では、地盤が弱いことはイメージ的にもつきやすいですが、地盤が一見良さそうに見える山の近くのような土地でも傾斜地を切り開いて造成した土地では、盛土にあたる地盤は軟弱であることもあります

 

 

そのため住宅の新築工事前には地盤調査を行います。住宅をしっかり支持できる地盤であるかどうか調査するもので、地盤調査の結果次第では地盤補強工事を行います。当社では地面からの深さごとの地質や地盤の固さを調査して、それをまとめた報告書でご説明しております

 

 

地盤調査を行った結果、軟弱な地盤であった場合には地盤補強工事を行う必要があります。地盤補強工事は堅い支持層まで達する長さのRCパイルを打ち込む方法や

セメントを用いて軟弱地盤を良質地盤に改良する方法などあり、当社では専門業者の調査結果に基づいて施工方法をご提案しております。

 

記事一覧へ