STAFF BLOG

匠の知得

建築

偏ったセールストークに注意!

今日は建築の話。断熱材や結露についてお客様が誤解を受ける説明をしている建築会社がいるようであまり良いことではありませんね。

セールストークでよく使われるのが「無結露○○年保証」、「水に強い断熱材が絶対良い」という2点です。

 

まずは「無結露○○年保証」

空気中に含む事の出来る水蒸気の量は、空気の温度により変化します(温度が高ければより多くの水蒸気を含むことができる)。結露は、室内の空気が冷たくなった所に触れるその温度差で生じます。これは温度が下がると含みきれなくなった水蒸気が水滴となって表れるためです。

結露を抑えるには各所の温度差をなくすこと、つまり窓や壁を暖かくすることがポイントです。当社では、断熱材に高額に金額をかけることなく、床から壁、天井へと温度が均一になる全室オール床暖房を標準設備としています。

ただし、いくら断熱性や気密性を良くしても生活上で出る水蒸気の量によっては室内に表面的に水滴(結露)が出ることは100%は防ぐことはできません。それは生活者がどれだけの水蒸気を出すかは約束はできないからです。例えば加湿器の過度の使用や狭い室内で複数の人が寝ると呼吸により想像よりもかなりの水蒸気がでるので注意が必要です。

建築会社で保証する「無結露○○年保証」でもこの生活上の結露は保証していませんのでご注意を!

 

次に断熱材。

これは室内の結露同様に壁の中にも結露が発生する場合が有り、水分を含んだ断熱材が周囲の構造材を腐らせる原因にもなり、カビ・ダニの発生にもつながることから、「水に強い断熱材が絶対」という偏った言い方をする建築会社があります。「無結露○○年保証」ではこの壁体内結露(断熱材の素材での結露)の保証を指していることがほとんどです。当社でご提案する「硬質ウレタン」の断熱材にもこの長期保証がつきます。

ただし、水に弱いとされる繊維系断熱材は昔と違って正しい施工方法(湿気の浸入を防ぎ・逃がす「通気層工法」)で、さらに使用する断熱材の密度も向上したことで単純に水を吸ってずり落ちるというものでもなくなりました(実際年数の経過した家で調査しても劣化や状態にほとんど変化はありませんでした)。

もちろん年間の光熱費を少しでも安くしたいと考える方は、より断熱性の高い発砲系断熱材の使用を好みますが、厚みにもよりますがその分当然費用が上がります。ただ、年間の光熱費の差でいけば元をとるまでは30~50年となれば少し考えた方が良いかもしれませんね。

 

インターネットの普及で情報が溢れている現在、どれが良くてどれが悪いのか選択することは容易ではありません。偏った考え方を鵜呑みにするのではなく、メリットやデメリットを理解した上で、あとはご予算の中でご要望に合った間取りや断熱性などの性能部分のバランスの良い建築会社を選びましょう!

 

 

記事一覧へ